日常的な手入れは必要?機械式時計の扱い方

日常的な手入れは大切

秀逸なデザインと安定して時刻を刻み続ける精巧さを兼ね備えている機械式時計は耐用年数も長くて一生を共にすることもできると言われているものが多数あります。起業のときのパートナーとして手に入れる人もいるほどであり、一生使えてステータス感を出せることを考えると高い自己投資ではありません。ただし、気をつけておきたいのは機械式時計は自分で日常的な手入れをしていかないと耐用年数も低下してしまうことです。ベルトは消耗品として交換することができますが、機械部分が壊れてしまうと正確な時刻を刻むことはできません。機械部分の故障の原因として多いのが湿度であり、濡れてしまったときには速やかに乾かすことが大切です。

定期的にプロに見てもらうのも大切

何十年も同じ機械式時計を愛していきたいというときには定期的にプロに見てもらうのも大切です。自分で手入れができていると思っていても行き届いていない部分は必ずあります。時刻のズレや動作音などに異常を感じたときに時計職人に相談するのは必須ですが、そうでなくとも三年から五年に一度は時計職人に見てもらっておいた方が長く使うことができるでしょう。劣化が始まっている部品を早めに交換しておくと周りの部品を傷つけてしまうリスクが低減されるからです。ベルトなどの消耗品も交換すると快適に身に着けられるようになるので、定期的にプロのところに持って行って簡単に様子を確認してもらうようにするとよりその時計を愛せるようになります。

グランドセイコーは日本の高級腕時計ブランドです。部品の製造から組み立てまで、全ての工程を日本国内で行なっているため、メイドインジャパンを名乗るのに相応しい腕時計といえます。