こんな動物病院がおススメ!3つのチェックポイント

飼い主にわかるように説明をしてくれる

ペットは飼い主にとって大切な家族です。病院に行ったときには、ほかの家族と同じようにきちんとした説明をお医者さんから受けたいもの。「ペットだから」という理由で、説明がかんたんになっていいわけはありません。飼い主の気持ちになって、きちんと診察の結果や薬、治療について話してくれる動物病院を選びましょう。

ペットの名前を覚えてくれる

動物病院の患者は「ペット」です。飼い主はあくまで付き添い。具合が悪い、ケガをしたというのはペットなので、ペットの名前をきちんと呼んでくれる動物病院が多くあります。「ポチちゃん、いたかったね~、よく頑張ったね」なんて呼びかけてもらえれば、飼い主もうれしくないわけはありません。さらに、診察のときだけ呼ぶのではなく、きちんと名前を憶えてくれているのであれば、患者を大切にするよい動物病院だといえるでしょう。

診察室や待合室が臭くない

動物病院は動物が集まるところなので、どうしてもある種のにおいがします。しかし、そのにおいが強すぎるところは、ちょっと注意が必要です。古くからあるような動物病院であれば、ある程度仕方がないこともありますが、清潔面で若干の不安が残ります。年に何回か大規模な清掃や消毒を実施している動物病院では、比較的においも少なめです。設備にまで気を配っている動物病院のほうが安心ですね。

専門病院とのつながりがある

獣医さんはいわば総合医。内科も外科もあわせて扱います。そのため、どうしても獣医さんによって得意不得意があります。難しい診断については、専門医に任せるというのも責任感のある態度です。何でもかんでも自分の判断でやってしまったり、セカンドオピニオンを嫌がる獣医さんも中にはいますが、専門機関とのつながりのある病院を選ぶのほうが安心です。

市川の動物病院には24時間診療している所や日曜日も診療している所などがあり、急な体調不良にも対応しています。