街の中に森が出来る?屋上緑化を正しく知ろう!

建物の屋上に植樹するメリット

屋上緑化は建物の屋上部分に芝生や樹木を植える行為を指します。葉が茂ることで遮熱性が向上し、建物の温度が過剰に上昇するのを防ぐことが出来るのが利点の一つです。また、周囲の気温も安定化させる効果があるので都市部で頻発するヒートアイランド現象の抑止にも繋がります。

屋上緑化は都市部の景観を良くする効果もある他、小鳥が集まることで癒しスポットになるメリットも生じることから環境保全と美化を両立出来る作業として様々な地域で普及しています。近年では建設時から屋上緑化が施されている建物が増加しています。

屋上緑化を長持ちさせるための管理方法について

屋上緑化はプランターや鉢植えとは異なり、屋上部分に直接土を敷いて植樹を行います。そのため、植物の根や蔓が伸びることを考慮して環境を整えることが大切です。また、大量の土や水、成長した植物の重量が建物にかかるので耐久性を向上させる補強工事が不可欠です。建物の形状や築年数によっては緑化に適さないこともあるので、必ず事前に確認します。

屋上緑化を長持ちさせるためには植物の状態を良好に保つことも重要になります。病気や食害などで植物が枯れてしまうと見栄えが悪いだけではなく、落ち葉の飛散や枝の落下などで周囲が汚損されてしまいます。安全面にも問題が生じるので、定期的に状態の調査を行い、不具合には迅速に対処するのが正しい管理の方法です。場合によっては植え替えを行う必要が生じるので、作業の手間や安全面を考慮して植樹する品種は慎重に選ぶことを心がけます。

地球温暖化やヒートアイランド現象の対策の一つとして、屋上緑化が注目されています。建物の断熱効果や、植物の蒸散作用による周囲の気温上昇を抑える効果が期待されています。