地球の自然環境の保護にもつながる壁面緑化とは?

今、屋上緑化と共に壁面緑化がすすめられている

現在、地球の自然や環境保護が危急の課題の一つであることは、よく知られています。

その取り組みの一つとして、特に都市空間において、ヒートアイランド抑制効果などのある屋上緑化と共に壁面緑化が進められています。

建築物の屋根や屋上に植物を植えて緑化することが「屋上緑化」で、同様に植物によって建物の外壁面に緑化を施すことを「壁面緑化」といいます。

建物の断熱効果や騒音対策、建物や景観の美的向上など様々なメリットがある壁面緑化ですが、実際にはどのようなものでしょうか。

壁面緑化とその効果とは?

屋上緑化で使われている植栽は、植木・草木・セダム(環境変化に強い多肉植物)・苔などですが、壁面緑化の場合は壁面を覆う性質上、ツル性の植物が中心となります。

建物の面積にもよりますが、緑化の割合が大きくなればその効果も大きくなります。

緑化による生態系の保全、太陽光反射で熱を遮り、水分の蒸発などにもよって周囲の温度を下げるため、省エネにつながります。更に、無機質な建造物に緑化が施されることで景観に自然がもたらされ、潤いや憩いも感じられます。私たちの生活にもいい影響を与えてくれるのです。

壁面緑化は身近でも出来る?

大型の建造物などの屋上や壁面を使った大規模な緑化の他に、私たちが身近で行える壁面緑化もあります。

近年人気がある「グリーンカーテン」もその一つです。グリーンカーテンは、アサガオやゴーヤー(ニガウリ・ツルレイシ)などのツル性植物を窓側で成長させ壁面を覆うことで、日射を遮り温度を下げる省エネ法として家庭でもよく行われていますね。

特にゴーヤーは乾燥や病虫害に強く、成長も早いので使いやすく栄養もあるので、手軽な壁面緑化としておすすめの植物といえます。

壁面緑化は、断熱効果があり光熱費削減だけではなく環境保護にも役立つので取り入れている企業が増加しています。